現代アート、入門しました

写真と大絶賛すれ違い中の写真家Danです。

最近、藁にもすがる思いて
現代アート、入門しました。

教科書はこの本

現代アート、超入門

(「BOOK」データベースより)たとえば一九一七年に発表されたデュシャンの『泉』。この作品は工業製品である便器がそのままアートとして出品されたものだ。仲間のアーテストたちにも「はたしてこれはアートか?」と理解されなかった作品が、なぜ今現代アートを代表する作品といわれるのか?さまざまな作品を俎上に載せながら、現代アートの「わからない」をごくフツーの人の立ち位置に立ち、難解な解釈から解き放たれた「よくわかる」現代アートとの付き合い方、鑑賞法を探り当てる。初心者だけでなく、アート鑑賞の新たなノウハウにも学びが得られる一冊である。

本の中で紹介されている作品は、
マティス、ピカソ、カンディンスキー、モンドリアンなど有名なアーティストの作品ばかり。

著者の助けを借りながら背景を学び、
作品を鑑賞していく。

そうすると、すでに見たことがある作品でも、
途端に全く違った作品として、
自分の中で認識されるので
読んでいてとても痛快だった。

中でも衝撃を受けたのが、
上記の概要にもあるデュシャンの『泉』


Creative Commons

標準的な男性用小便器を購入後、
排水口の部分が正面に来るようにし、
正面に “R. Mutt 1917″と署名した作品。

ご覧の通りひっくり返されたただの便器。

この本で初めて知った作品なのだけど、
背景を知ってから見ると
これがまた面白い。

ただの便器、であるのだが、
同時にデュシャンの思想の塊のような作品なのだと知った。

僕は現代アート初心者なので、
このデュシャンの『泉』について興味を持った人は、
この本か他のサイトを見てみて欲しいのだけれど、

こうやって現代アートを勉強してみてよかった。

これで自分も「思想」や「主義」を反映した
イカした写真を撮れるようになる!
そういうことじゃないけど、

そういった写真もアリなんだ、
ということを知れた。

それだけで、
写真家としては大きな一歩だったと思う。

もう少し色々な本を漁って勉強してみよう。
何かあるかも、、、

<参考リンク>
・泉 / Fountain 20世紀美術のランドマーク作品
・マルセル・デュシャンの「泉」。で、なんでこの便器がアートなの??

Share your thoughts